February 12, 2011

Google Translateで伝えたい

iPhoneのアプリでGoogle Translateという翻訳アプリがあるのだけれど、これが無料にしてはかなり賢い。

話した言葉がそのまま翻訳され、一部の言語は読み上げまでしてくれるので、海外旅行等では便利そうだ。

ということで、これが伝わらないとつらくなる一言を翻訳させてみた。

Img_1059

…。これはちょっと違うのではないだろうか。「うう、トイレ行きたい」、そんなときに人に声をかけて「ゴートイレット!」ではボコボコにされるかもしれない。

英語は日本語よりダイレクトだ。ということで直接的に表現したのがこれ。

Img_1060

個人的には、"I need to pee."を使うところなので、そこでhave to。このほうが切迫感は伝わるような気がする。

Google Translateに話しかけるときはダイレクトに言った方が伝わりやすい。そんな気がした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2011

iPhone3GからiPhone4に機種変更してみた

先日からiPhoneのアプリが起動中に落ちてしまい、ホーム画面に戻ってしまうようになった。また、消音にしているのに、SMSの着信だけ音が鳴ったり、いろいろと不具合が出るようになってしまった。とりあえず再起動して、それでもだめならアプリを消去して、再度ダウンロードしたりしたが、結局起動しないアプリが出てきた。

iPhone3Gを買ったのは2009年の4月ごろ。前使っていたNokia 705NKのボタンの不具合で修理に出したが、基盤が腐食しているので修理できない?という理由でそのまま返されたとき、たまたま「iPhone for Everybodyキャンペーン」がやっていたのだ。

みんなにiPhoneをという名の通り、端末9800円。量販店のポイントやら予備バッテリーやらいろいろ頂いて得した気分だった。そのとき契約したのはホワイトプラン(毎月980円)、S!ベーシック、パケット定額の下限が1029円、上限4410円のプラン。そこから毎月割引が1440円ほどあった。

今回機種変更するにあたって、気になることがあった。2年縛りで違約金が発生するのではないか、ということだ。以前ドコモのを使っていたとき、「2年間は解約できない」のかと思い、2年1ヶ月後に解約しに行ったら、「契約は2年ごとの自動更新になるので、そのタイミング以外で解約すると違約金がかかる」というのが真実で、くだらねえ、と思いつつ、9800円払ってドコモとはお別れした。

で、今回、2年未満の機種変更というのはやったことがないので、どんなもんなのかと思ったら、違約金は発生しないとのこと。逆にiPhone4が出てすぐ機種変更しても違約金はなかったのだろう。案ずるより産むが易し。

で、ソフトバンクの料金プランが載ったカタログを見ていたら、パケット定額は2種類になっていた。私が入っているのと同様の下限が1029円、上限が4410円の2段階の「パケットし放題 for スマートフォン」と毎月4410円と決まっていて、wifiルーターをくれて、なおかつキャンペーンで屋外のwifiに無料でアクセスできる「パケットし放題 フラット」である。

結局、上限まで使うのは分かってるし、お店の人も外でwifi使えて便利ですよというので、「フラット」の方に変更してもらうことにした。が、これは実質微妙だった。

ソフトバンクのプランでは、端末とは関係なく、通話に対するプランのホワイトプランが2年契約、通信に関するプランの「パケットし放題なんとか」が2年契約になっていて、今、「パケットし放題 for スマートフォン」を解約して「パケットし放題 フラット」に変更すると違約金が発生するとのこと。ついでに厄介なことに、通話の方のプランと、パケットの方のプランの2年更新のタイミングがずれてしまうので、将来解約をするときに、いずれにせよ違約金が発生してしまうとのこと。

なんじゃこれ…と思ったがそういうもんなのだろう。みんな必死なのだなあ。

私が「パケットし放題 フラット」に変えようと思った理由はもうひとつあって、毎月決まった金額が減額される「月月割」の金額が、「パケットし放題 フラット」なら1920円、「パケットし放題 for スマートフォン」なら1440円なのだ。差額480円。どうせ上限一杯まで使うのが分かってるし、そこで480円割り引いてくれるのなら、いいか、と思ったら、うまく行かなかった。

なので、やるとすれば、「パケットし放題 for スマートフォン」が2年契約終了のタイミングで「パケットし放題 フラット」に変更すれば、月月割が1920円になるのかもしれない。そのころまだ覚えていたら、4月頃ショップで聞いてみようと思う。

しかし、携帯電話の料金は難解だ。お店の人も一通り説明してくれるけど、やはりソフトバンクの問い合わせセンターに問い合わせて確認をしてくれていたし。そのセンターもなかなかつながらないみたいだった。あんまりお店の人が恐縮しているので、だんだん申し訳なくなってくるレベルだった。

ということで、iPhone3Gで使えないアプリが出て来つつあって不満な人や、動きがもったりして不満な人はiPhone4に機種変更しても違約金は発生しないようだ。(人によるかも??)でも、私のようにiPhone for everybodyキャンペーンでタダ同然でiPhone3Gを手に入れている人は、今、よく宣伝している月月割1920円は適用してもらえないので注意。まあ、違約金を払ってまで適用してもらうべきものでもないんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2010

0円スマートフォンIS01事始め

auのスマートフォンはとても陰が薄いけど、ちゃんと存在していることを知ったのはほんの1週間ほど前。0円で投げ売りしていて、しかも基本料金を割り引いてくれるので、通話と通信をしなければ月々8円で使用できるというホンマかいな!?的なネタを読んだのだ。

ネタ元はまあ2ちゃんねるのまとめブログなのだが。へーっと思いつつ、会社帰りにあるauショップへ行ったのが先週の水曜日くらい。するとほんとに0円だった。おおこれは!と思ったけど、その店舗ではフォトフレームが抱き合わせだったのでパス。

これは本気で探せば単体で0円なはず!と闘志にに火が点いた(おおげさ)

しかし、ココロとは裏腹に、木曜日は22:30まで会社に軟禁、金曜日は熱が出て早退、なので0円を探す気力もなく、昨日土曜日。昼からふらふらとブロンコで探しに出かけた。順路は、ヤマダ→コジマ→どっかのauショップ→ケーズデンキ→近所のイオン。今考えると風邪引いてるんだからおとなしくしとけばいいのにとつくづく思う。まさしく馬鹿!

で、結局、量販店はどこも在庫なし、auショップはやる気なし、で結局近所のイオンへ。ここの条件は0円だけれども、2台以上買ってね♪だった。なんてヤクザな商売だ。ぐぬぬ…と思って一度は引き下がった。そしてマクドのアイスコーヒーを飲みながら考えた。今から日本橋に探しに行くべきか、それとも2台買ってしまうか、で、結局2台お買い上げ。日本橋へ行って帰ってくるだけで1500円くらいかかるし。

それで3時頃家に帰り着いて、各種儀式を行い、晴れて8円運用を始めることができた。

儀式と言っても、SIMを抜いて家の無線につなげるだけなのだけれど。そして、アプリをインストール。ツィッタークライアント、2chブラウザ、高機能電卓、動画プレイヤー、そしてテトリス。

どれもこれも予想以上に使える。あくまでiPhone3Gと比較してだけれど、動きがきびきびしているし、アプリが落ちない。ただ、操作感が統一されていないので、iPhoneほどの洗練された感はない。まあこれはリンゴマジックのなせる技か。

特に動画プレイヤーのRockPlayerはこの為だけにIS01を買ってもいいレベル。試しに昔の映画DVD2時間分をごにょごにょして、適当にエンコード。700MBのmp4を作って放り込んだら、まあ美しい!と思えるレベルで再生できた。ちなみにh.264, 720x468 658kbps。

そうそう、一番の嬉しかったことは、Mac OS 10.4.11で外部USBストレージとして普通にマウントしたこと。ビバ!IS01は神機、いや、auが送り込んだ刺客とも言える。いやーMacと国産のスマートフォンが仲良しになれる日が来るとは思えなかった。祝!ますますEeePCの出番が減ってしまいそうだ。

とそんなこんなで、ひょんなことから手に入れてしまったandroid搭載スマートフォン。当分いじくり倒せそうで楽しみだ。わーいわーい。

IS01公式:http://www.sharp.co.jp/products/is01/
8円運用の概要: http://gaagle.jp/gagazine/print.php?kiji_id=2991

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2010

サイバークリーンでMighty Mouse復活!

私はAppleのMighty Mouseを愛用してはや5年くらいになる。このマウスはグリグリとしたボールが付いていて、それを人差し指でグリグリすることによって、上下左右にスクロールするマウスだ。

これがまたアップルらしいというかなんというか、見た目は一等賞、使い勝手もスバラシイ、そしてメンテナンス性は最悪なんである。使い出して3年くらいでこのグリグリ(スクロールボール)がうまく反応しなくなった。

そのときはネットを検索して、バラして掃除をすることで事なきを得た。しかし、このマウスは一部の部品が糊付けしてあって、それをはがすのに勇気が要るし、再度貼り付けるのも面倒で、結局外したまま使っていた。

そして歳月が流れ、またグリグリの調子が悪くなってきた。下にスクロールしないのである。理由は分かっている。手垢やらホコリやらがぐわっしゃ!と詰まっているのだ。でもばらすのがめんどくさいなー、Magic Mouseならグリグリがないから良さそうだなーと、結局グリグリ不調のまま使用していた。

しかし、先日コーナンで運命の出会いがあった。この
サイバークリーン

というハイテクグッズを発見したのだ。

R0013936

正確には「ハイテッククリーニングコンパウンド」らしい。見た感じ、触った感じは昔懐かしい「スライム」である。あれにさわやかケミカルな香りを付けたものといった風情だ。

さっそくこれを入れ物から取り出す。これがもちゃ〜っとしてなかなか良い感じだ。水まんじゅうやわらび餅っぽい。子供ならかみつきたくなる触り心地。たまらん!

手始めにキーボードに押しつけてみる。一発で手垢が取れる、ということはなくて、回りのホコリを吸着してくれているようだ。型が付いてすぐに消えるので、健康サンダルを履いた直後の足の裏を思い出す。

ひとしきりボコボコのところに押しつけて満喫したあと、やっとMighty Mouseに押しつけてみる。親指くらいの太さにして、スクロールする形を再現。各方向にグリグリ、グリグリ、だんだん手垢が取れて、キレイなグレーになってきた。

R0013938


いいぞ!いいぞ!これは取れているに違いない。私は鼻息あらく、しかし、静かにマウスから
サイバークリーン
をはがして、マウスをマウスパッドに静かに置いた。そしてスクロールしてみた。

!直っている。すばらしい!この
サイバークリーン
さえあれば、これからもこのMighty Mouseとともにやって行けそうだ。コーナンでは630円で売っていたこのサイバークリーン、悩めるMighty Mouseユーザーに是非是非オススメしたい。

あ、掃除した直後はちょっと湿った感じで動きが悪いので、少し待って乾燥させてから使うのがポイントだ。前、濡れフキンで拭いたときもそうだったけど、Mighty Mouseのセンサーは湿っているとあんまりうまく動かないみたいなのだ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 07, 2009

Nikon Coolpix S1000pjの分解動画

最後のstep7でプロジェクターモジュールが出てくるけど、小さくて、みっちり詰まっているところに関心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2009

バイク乗りがぐっとくるデジカメ

バイクで走ってると、目前に緑の木々、青い空、白い雲、そして淡々とワインディングが続いて、この瞬間を記録しておきたい、自分の目がカメラだったらいいのにな、と思うことがよくある。

で、バイクのハンドルにデジカメをマウントしたり、いろいろ考えるんだけど、雨が降ったらどうしようとか、衝撃で落ちたらやだなあなどと考えると、なかなか難しい。

それらを解決するようなデジカメが出た。「GoPro Helmet HERO WIDE」(ゴープロ ヘルメット ヒーロー ワイド)である。

このカメラがすごいのは、超広角レンズになっていて、感覚的に人間の目で見たそのままっぽく撮影できることだ。もちろん、動画も写真も撮影できる。それと単4電池2本で駆動する。あと、標準で添付されている付属品がすごい。水中ハウジング(9m防水)マウントの類も、ヘルメット用、サイドアーム用など、いろいろな場面に対応しているようだ。作っているのはカメラメーカーではなく、アウトドア用品メーカーの「エバニュー」なので、アウトドアでの使い勝手がよく研究されていると思った。で、値段は28350円。

コンパクトデジカメの水中ハウジングが2-3万円することを考えると、お得な気がする。マックとウインドウズの両方に対応しているのもポイント高いなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2009

Nikon COOLPIX S1000pjは最強の宴会カメラ?

最近ガジェット的なカメラが気になっている。こないだのSamsungのST1000が「つながるカメラ」なら、このS1000pjは「みんなで楽しむカメラ」だ。

カメラとしてのスペックはまあ、普通。コンパクトデジカメらしいスペックだ。ポイントはプロジェクターを装備しているところ。世界初らしい。撮影後、壁に向かってスライドショーを投影できるというわけだ。

これはなかなか大人数でのキャンプツーリングでは良さそうだ。夜の宴会で、タープ、テント、東屋の壁なんかに、今日ツーリング中に撮影した写真のスライドショーを写す。昔バックオフ誌の関西林道キャンプ会では、スタッフの方がスクリーンや発電機や映写機を持ってきてスライドショーをやってくれたが、それがこの1台でできるのである。

ただプロジェクターとして使う場合は、電池の持ちが1時間らしいので、予備バッテリーは必須。一つ5000円だけれど、アウトドアにプロジェクターを持ち出すことを考えれば許容範囲かと。

いやーなかなかのガジェット度の高さである。やるなあ、Nikon。

Nikon COOLPIX S1000pj

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2009

ガジェット度の高いSamsungのデジカメが欲しい

英語サイト"My Digital Life"で見かけたSamsung ST1000というデジカメがちょっと気になっている。

大まかなスペックは以下のとおり。

・12.2メガピクセル
・GPS内蔵で撮影した画像に緯度経度データをつけることができる
・Bluetooth 2.0 対応
・Wi-fi内蔵
・DLNA対応
・HD動画撮影対応(1280x720, 30fps)
・手ぶれ補正、顔認識機能付き
・ボディカラーは、シルバー/赤、黒/黒、赤/黒、黒/金、青/グレイ

面白いなあと思ったのは"Blink Detection Mode"。撮影中に被写体の目が閉じてしまったら警告をしてくれるんだろうか。

個人的には、「ほかとつながる機能」が充実しているのがうれしい。私がGR Digitalを持っていても、iPhone 3Gで写真を撮影してしまうのは、GPSデータが欲しいとき、即座にどっかにアップロードしたいときがあるからである。まあ、印刷する気があるのならGRDで撮影するのだけれど。

このST1000は、GPS内蔵でジオタギング可、Bluetooth内蔵でパソコンに画像を手軽に転送できる、Wifiでも然り、DLNA対応なので家電との連携にも使えそうだ。

日本のメーカーのカメラはこういったガジェット的機能をあまり取り入れない傾向にあるが、コンパクトデジカメはもう行き着くところまで行ってしまった感があるので、ぜひこっち方面にも力を入れて欲しいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2009

iTunesとiPhotoはライブラリの挙動が違うのだ

先ほどiPhoneのバックアップを取ろうとしてMacに接続した。すると程なくしてiTunesが立ち上がり、同期が進行。そして写真をバックアップするためにiPhotoが起動した。そして、「ライブラリが見つかりません。再構築しますか?」とメッセージが。

私はiPhotoやiTunesのライブラリを外付けHDDに作っているんだけど、よく見ると接続するのを忘れていた(汗)しかし、なぜかiTunesは静かにiPhoneをバックアップしているのだ。一体どこにバックアップしているのだろう。同期が終わったあと、環境設定で確認した。するとデフォルトの位置(Macintosh HDのiTunes>iTunes library)に変わっているではないか。はてはて?

iTunesとiPhotoを終了させてから、外付けHDDを接続し、もう一度iTunesとiPhotoを起動する。するとどちらもライブラリは外付けHDDを参照していた。と、いうことは。

iPhoto→ライブラリが無いときは、「どうするの?」と訊いてくる。
iTunes→ライブラリが無いときは、とりあえずデフォルトの位置に作ってしまう。

ことになっているようだ。いやー自由だね。iLifeの皆さん方は。これからはちゃんと外付けHDDを接続してからみんなを起動させねば。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2009

iPhone app "Koredoko"がすごい

バイク乗りx写真好きxガジェット好きとして、めっちゃツボにはまったのでご紹介。(文中のリンクをクリックするとiTunes Storeが開きます。)

iPhoneでGPSをオンにして写真を撮ると、全ての写真に緯度経度情報が書き込まれる。今迄だとそれらの写真をflickrあたりの写真サービスサイトにアップロードして、はじめて撮影場所を地図上で確認できていた。

それがiPhone1台で完結できるのがこの"Koredoko"なんである。無料アプリなのがうれしい。

iPhoneには"map"というアプリがあって、タップすると現在地が表示される。ただ、当たり前だけどインターネットに接続できる環境がないと地図が見えない。なので、圏外でナイスなスポットを発見して、次また来よう!と思っても、その場所を記録しておけないのだ。

そこで、この"Koredoko"が役に立った。日本海側にツーリングに行くと、人家の無いところはまず圏外だ。そこで撮影した写真を"Koredoko"のリスト表示で選択すると(写真1)

Img_0130
(写真1・タップして選択)

写真のサムネイルの上にGoogle Mapが表示される。(写真2)まあ当たり前だけれど、この操作は圏外もしくはWifiネットワーク内でしかできない。しかし、ツーリング中に撮影して後日見返す用途にベストマッチではないだろうか。写真2の状態で画面キャプチャ(電源ボタンとHomeボタンの同時押し)すれば、カメラロール内に画像として残るので、圏外の場所でも見ることができる。

Img_0131
(写真2・ワインディングの途中の見晴らしの良いところ。こういう場所を正確に思い出せるのがすばらしい。)

いやはや。これで離島や、山奥や、海外でも旅の記録を「旅の記憶」として残してゆけそうだ。"Koredoko"いちおしです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)