« 実録!電子書籍を作ってみました その1・執筆 | Main | 電子書籍、2冊目が出ました。 »

December 06, 2013

祝!インタビューが掲載されました

Kindle本紹介サイトの大御所、「きんどるどうでしょう」さんの「KDP最前線」のコーナーにインタビューが掲載されました。四国の写真まで載せていただいて小躍りしております。 Yes! Yes!

【KDP最前線】バイク乗るなら四国をめぐれ!「2013年夏の四国 熱風海空野営もぐもぐ二輪旅」を執筆した上泉純さんにインタビュー→ http://kindou.info/22207.html

Kindou

いやー、「もぐもぐ二輪旅」みたいなニッチな読む人を選ぶ本がこんなメジャーどころで紹介されるとは、うれしいやらびっくりするやら。売り上げも、地味に毎日ちょっとづつ売れているようでありがたいことです。

あと、さっき気づいたんだけど、なんとカスタマーレビューを2件もいただいていてびっくり。しかも☆5つ。これはすごいことだ。そもそも、99円出してどこの馬のホネかも分からない作者の本を買い、読後にわざわざAmazonのサイトを開いて感想を書いて頂けるのだから。

世の中は小さくだけど変わりつつあることを実感する。「効率」「節約」「無難」「お得」そんなキーワードで娯楽すら取捨選択されることに苛立っていたけれど、チラ見して、買って、読んで頂けるフットワークの軽さを持った方もちゃんといて、モノを作る立場としては、勇気づけられる。あ、この「勇気づけられる」とか「元気をもらう」という表現は嫌いなんだけれど、敢えて今回は。

また、この「きんどるどうでしょう」は一人で運営をされているにも関わらず、すごく対応が早く的確で恐れ入ってしまった。1日5回の更新を続けておられ、Kindle本のアフィリエイト(サイトで紹介した本が売れると、何パーセントかキックバックが受け取れるしくみ)で、生計が成り立っているとのこと。(「Kindle本の紹介アフィだけでご飯を食べているわたしの12ヶ月間。この調子なら3年目には累計100万冊いきそう!」より)

インタビュー自体はテキストの設問にテキストで答えたのだけれど、私が回答を送った直後にサイトに上がっていた。このフットワークの軽さが魅力的なサイトを維持しているのだと感じた。フリーランスはこうでなければ。

私もいくつかの課題があって、それらをぼつぼつこなして行こうと思う。

・PCでも読める形式での販路を開拓
・こないだのエントリー「執筆」の続き「校正」を書く
・2作目を今年中にリリースする
・99円以上の値段の本を出すにはどうしたらいいかを考える

などなど。

やることてんこ盛りだ。

|

« 実録!電子書籍を作ってみました その1・執筆 | Main | 電子書籍、2冊目が出ました。 »

電子書籍」カテゴリの記事

Comments

こちらに頂いた書き込み3件を削除させていただきました。
もし何かございましたら、uwaizumijun@nifty.comまでご連絡いただけましたら助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: 上泉 | January 18, 2014 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 祝!インタビューが掲載されました:

« 実録!電子書籍を作ってみました その1・執筆 | Main | 電子書籍、2冊目が出ました。 »