« 香住・今子浦キャンプツーリング | Main | うろうろポタリングin大阪市内 »

July 12, 2011

KTM Duke125に乗ってみた

あっつい中、猪名川サーキットへ行って来ました。http://www.ktm-japan.co.jp/2011/campaign/orange_caravan/index.html
目的はDuke125の試乗。乗りましたよ!2時間待ったけど…。

見た目は、普通にでかい。125とは思えない。足付きは両足つま先。まあ、普通にオフ車って感じだった。が、しかし、ロードのバイクなので、座る位置が後ろでハンドルが遠く、すんごいバックステップだった。気合いのポジションて感じだ。しかし、この辺はカブとオフ車が車歴のほとんどで、ロードはVTR250しか所有したことがないので、特殊な感じ方かもしれない。

ハンドル回りの操作系は素直。フルにデジタルメーターでどこのギアに入ってるかのインジケーターが付いているのは初心者仕様かと思わせる唯一の部分。

見た目で一番ぐっと来たのはスイングアーム。高級感あってかっこいい。アルミってだけでハァハァしてしまうのは異常かもしれないけど。あと、試乗車7台全部タイヤの端っこがちりちりにめくれていた。まあ、試乗に来ているひとたちが、この暑いのに革ツナギの人も結構多く、気合いの入ったひとたちだったので、そんなもんかもしれないが。

さて走り。これはすんごく面白い。私はあんまり開けられないので、最高速とかは分からないけど、コーナーがかちっと走れるので、脳内からなにかがどばっと出てしまった。足回りの良くできたバイクってすごいなあとじわじわ来た。ただ、サーキットでいいかんじ、というのは、街中だとかなり固めなのかなーとは思うが、足回りの出来だけは大型含めて今まで乗ったどのバイクよりもすごいなーと思った。(すごいばっかりで子供の作文レベルだけど、それくらいしかこの感覚を表す言葉を知らない)

猪名川サーキットは猪名川町の奥地のソフトバンクは勿論圏外の山深いところにある。青い空、白い雲、緑の山々、そしてサーキットでDuke125に乗るわたくし。もう何か勘違いするレベルであった。

さてそのDuke 125だけれど、買うのか、と言われたら多分買わない。キャンプツー、ダートぶらぶら、通勤の3つがとっても不得意そうだからだ。毎日宿に泊まるようなツーリングだったらいいのかもしれないけど…。

これをKTMの中の人は、「ビギナーの人がバイクっておもろいねって思える」ように作ったらしいから、恐れ入ってしまう。そりゃ確かに、免許を取って初めて乗るバイクがこれだったら、もう普通の人生は歩めないだろう。排気量を上げるなら、日本のメーカーだったらSS一択と思えてしまう。VTR250とかに乗り換えたら、ほんとにがっかりすると思う。(いや、VTRっていいバイクではあるんだけど。なんじゃかんじゃ言いながら3万キロは乗ったし。いい人なんだけど…みたいなバイクだと思った。)「いつかはクラウン」状態で一生KTMの轍を歩むことになるような気がする。

ということで、不幸にも?今後のバイク選びにくらい影を落としてしまう試乗会となった。

でもまあ、KTMのひとは太っ腹だと思う。昔、ドカティの試乗会で、ハイパーモタードに乗りたかったんだけど、まったく足が届かないので、遠回しにお断りされた。Duke125だって、つま先しか届かなかったけど、ストップはされなかった。RC8やSuper Dukeだったらどうだったんだろうと思うけど、乗る勇気はないわw。

|

« 香住・今子浦キャンプツーリング | Main | うろうろポタリングin大阪市内 »

バイク」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference KTM Duke125に乗ってみた:

« 香住・今子浦キャンプツーリング | Main | うろうろポタリングin大阪市内 »