« KTM Duke125に乗ってみた | Main | 晩秋の武田尾。未舗装路をゆく。 »

July 18, 2011

うろうろポタリングin大阪市内

この週末はバイク屋さんの飲み会があったので、自転車で大阪に行くことにした。といっても全部走って行く気力もないので、輪行である。輪行とは、電車等の交通機関に袋詰めの自転車を乗せてどっかへ行き、駅から組み立てて走るといういいとこ取り的な行為を言う。

私は輪行歴は割と古くて、19歳くらいのときに当時発売されたばかりのMTBを買い、いきなりニュージーランドに行ったのが初めてだった。そのときは2週間くらいかけて走ったというか、半分くらいは電車に乗せた。かの国は、貨物車両がくっついていて、そのまま自転車を乗せることができる。

が、日本は電車に自転車を乗せるのはそれなりに面倒だ。まずちゃんと袋に入れなくてはいけない。自転車だけなら袋に入れてもそれほど荷物ではないのだけれど、工具とか、ヘルメットとか、普通の旅の荷物もあるわけで、それだけ持つと身長が縮みそうなくらいに荷物が重い。ということでその後に輪行をしたのは、それから10年後に滋賀の近江八幡から長浜までを走ったときまで飛ぶ。

そして今回。相棒の自転車はGiant Escape Mini。小さな車輪の憎い奴だ。これをモンベルのリンコウシートで運ぶことにした。このリンコウシートは今は廃番商品だ。当時としては画期的に小さく、また、タープとしても使えるということで、旅心をそそる一品だった。

昨晩の残業の疲れか、土曜日に布団から出たのはもう11時だった。それからエアコンをつけ、リビングで自転車をばらしてリンコウシートでくるんでみる。前輪を外すだけで入るのでしめしめと思った。ペダルと後輪をそのままだと楽なのだ。それから昼ご飯を食べて、2時半ごろ家を出た。3時前に最寄りのJR駅に着いてばらす。高槻行きの普通に乗った。

どこで降りるかは漠然と大阪駅かなあと思っていた。が、しかし、大きな駅は歩く距離が長い。目的地はバイク通り経由新今宮。ふと思い立って塚口駅で東西線に乗り換え、海老江駅にしようか、新福島駅にしようかと考えているうちに、北新地駅を越えてしまい、大阪天満宮駅で降りた。

これは正解だった。ちょろっと天神橋筋商店街を冷やかして、中之島に入る。

ぼちぼち4時半だ。日が傾いてきた。ここからは松屋町筋を南下。20分くらいでバイク屋さんへ着いた。ちょこっと休憩して、新今宮の定宿、ホテル来山南館へ。ここは一泊2100円。しかも今回は楽天ポイントで支払ってタダだった。細かいことはこちらで。

ホテルの人はOKとのことだったので、自転車は袋に入れて部屋へ持ち込んだ。太っ腹だねぇ。早速、大浴場で風呂に入って一服。この値段でシャンプーや石けんが備えつけてあるのが嬉しい。着替えて宴会へ。これは歩きで行った。

今回は北新地で焼肉を食べた。食べ放題が4280円で、飲み放題が298円。さすが新地の焼肉だ。普通の食べ放題よりだいぶ美味しい。あと涼しくてそのまま座敷で寝たくなった。

そこからはすんなり帰って、洗濯して部屋でちょこっと飲んで寝た。

目覚めは9時頃。ウーロン茶を飲んで。ホテルの前で自転車を組み立てる。ヨーロッパ系のおっちゃんが、Nice Bike!と私に言いながらチェックアウトして行った。新今宮はバッグパッカーの街に移り変わりつつあるのだ。

今日は特に目的はない。新世界、通天閣の周りをぶらぶら。まだ10時なのに通天閣は行列で30分待ち、串カツ屋はもう営業していて、呼び込みをやっている。凄い街だよ、新世界は。朝からビール!も魅力的だけど、炎天下の中家に帰らなくてはいけないので、とりあえず遠慮しておく。いや、まあ、飲みたいんだけど。

お腹が空いたので、昔ながら茶店でモーニング。トーストとコーヒーで300円。ウエイトレスはもじゃもじゃパーマにエメラルドグリーンのTシャツ、ラメのスパッツのおばちゃん。大阪に来たー!!って感じだ。コーヒーうまい。 トーストはもう一枚あったけど、食べてからふと気がついて写真を撮った。耳を落としてある厚切りトーストって久しぶりに食べた気がする。

そしてまたバイク屋さんに寄る。今度は冷たい缶コーヒーをいただいた。いつもありがとう。そこからは堺筋の100円ローソンでお茶1リットルを補給。木津市場の横を抜けて、御堂筋へ。アップルストアなどをチラ見しつつ、長堀通りへ。この辺ですでにふらふらであった。まだ午前中やっちゅうのに。

南北をつなぐ道に日陰が少なくなって来た。そこからは細い道を走る。そしてアランジ・アロンゾのショップで休憩。ステッカー、ふせん、小物入れを購入。このショップは可愛すぎるのでいつも散財してしまう。

しかしこれは途中で倒れるのではないかと思うほど暑い。タイよりシンガポールより暑い。でもスーツ着てる人とかいるよね、どこの星から来た人なんだろう…。などと頭がおかしくなりそうなころ、靭公園に着いた。

ここは中学生くらいのころからしょっちゅう来ていた。なんと歩道が全部舗装されており、驚いた。そんなことするから暑なるねん、と無意味に憤ってしまう。バラ園の噴水で小休止。

私も噴水でヒャッハー!しようかと思ったが、水がぬるいので止めた。まあ、ぬるいよね、気温35℃くらいやろし。でも写真の右手に写っている外人さんたちは下半身を水につけて、バドワイザー飲んでいた。大阪は国際化が進んでるなー。

でもまあ、日本はそういう意味では緩いと思う。海外では一般の住居以外の建物内はすべて禁煙。公共の屋外では飲酒禁止だったりして、とても息苦しい感じだ。花見とかできないし。あとハワイはビーチが禁煙、禁酒らしい。海と言えばビール!なのでそれだけで、ハワイに行く気がしない。タイは向こうからビールを飲みませんか?とビール屋さんが来てくれるのに。お国柄なんだろうか?

ぼちぼちお腹が空いてきた。この辺はなんぼでも店があるのだが、頭が回らないのと、凝った物を食べる気力が無い。というわけで、なか卯ですだちおろしうどんをずるずるっと食べる。これが生き返るようにうまい。新福島まで走る気力が出てきた!

そこからは変わりゆく地元を見ながら走る。中学から20歳くらいまでを福島区で過ごした。ライフができ、ABCの新社屋は中之島へ。しかし、裏通りへ入ると、「人間乾燥機、暦風呂」という謎の看板の銭湯や、フレンチの名店(量が多い)の大西亭などはまだあって安心した。元住友銀行のところで自転車を片付ける。

適当に来た電車に乗り、尼崎で一旦乗り換える。日曜日の昼過ぎという中途半端な時間で、人はまばらだった。なので、自転車がじゃまにならなくて安心した。

このリンコウシートはMTB用なせいか、とても大きさに余裕がある。なので小径車ならサドルも下げず、ペダルも取らず、後輪も外さずに入る。その分、見た目はこのようにちょっと大きめなのだが。

福知山線新三田行きの普通に乗る。乗客はまばら。最後尾の車両に乗る。ここが一番自転車を置きやすい。もちろん先頭車両の一番前でもいいのだけれど、そちらは鉄道好きの子供たちに譲ることにする。

最寄りまでほんとにすぐだった。涼しいし、空いてるし、いつまでも乗っていたい!と思ったけど、新三田まで乗っても、そこから自転車で帰って来れる自信はないので、素直に降りる。午後2時。最後に一番のクライマックスが来た。

めちゃくちゃ暑いというか、息苦しいレベルで自転車を組む。

水道で手ぬぐいを濡らして首に巻く。あじあじといいながらこぎ出した。吸い込む空気が熱風だ。そしてひたすら25分家に着いた。今回の旅はおしまい。

水シャワーを浴びて、びしゃびしゃのまま服を着て、エアコンを入れたリビングで「ぐでー」と転がる。頭ががんがんするので、やはりこれは熱射病なんだろう。

総走行距離は25キロくらい。大阪は平地が多いし、立ち寄る場所が多いので、自転車は楽しい。心斎橋のアップルストアも、南船場のアランジ・アロンゾのショップも、バイクで行く気はしない。置くところがないし。

次はもうちょっと涼しくなってから、和歌山、姫路、高松あたりを攻めてみたい。いつもバイクでは素通りしてしまう、ちょい街を自転車で巡る。また新しい楽しみを見つけてしまった。

|

« KTM Duke125に乗ってみた | Main | 晩秋の武田尾。未舗装路をゆく。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference うろうろポタリングin大阪市内:

« KTM Duke125に乗ってみた | Main | 晩秋の武田尾。未舗装路をゆく。 »