« いまどきのバッグパッカー宿in大阪 | Main | レッツゴー低山【北摂・舎羅林山】 »

November 11, 2009

懐かしや、チンコロ姐ちゃん【富永一朗 海のまんが館】

九州大分県佐伯市。ツーリング中にふと見かけた看板。そこには昔テレビでよく見ていたあのイラストが。導かれるままに覗いてきました。

「ようこそ 鶴見町へ」思わずバイクを停めてしまった。イラストが富永一朗だったのだ。

Photo

富永一朗と言えば、「お笑いマンガ道場」で、鈴木義司とのお約束の口バトル、土管、あの独特のおっぱいのイラスト、ついでに川島なお美の代表作と言えばやっぱ、「お笑いマンガ道場」だよなあ。などと個人的な思い出が一気に去来した。

「富永一朗 海のまんが館」があったので、立ち寄る。中には代表作「チンコロ姐ちゃん」ももちろんあったが、色鉛筆で描かれたマンガが良かった。暖かい質感、個性的なキャラクターが、時を経て未だ魅力的だった。手仕事の普遍的な良さを感じた。

Photo_2

後日調べてみると、富永氏はこの佐伯町で育ち、大学卒業後はこの佐伯町で教師をしていたこともあるとのこと。また、同氏のマンガ館はここ以外に八カ所あるようだった。いつか全制覇してみるのも面白いかもなあと思った。

Photo_3

「富永一朗 海のまんが館」
住所:大分県佐伯市鶴見沖松浦513-1
   つるみ地区センター内
電話:0972-33-1000


大きな地図で見る

---------------
後日談

この記事は某誌に投稿してボツになったものです。
九州の記事って元々少ないから載るかなーと思ったらダメでした。
なんかバイク雑誌って関東近郊と信州の記事が多いような気がする。。。

|

« いまどきのバッグパッカー宿in大阪 | Main | レッツゴー低山【北摂・舎羅林山】 »

「勝手コネタ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

佐伯は私も行きました。原付で。一泊目倉敷駅のベンチ、二泊目宇部駅のベンチ、三泊目が佐伯駅のベンチだったなあ。夏ね。荷物はなんもなし。手ぬぐいくらい。ほんとに。本気で一日で宮崎に着くと思って出発したから荷物持ってなかったんだ。宮崎の友達訪ねるつもりで出発したんだよ。ふと、ある夏の日にあ、せっかく日本で暇だし宮崎行こうって感じで。

Posted by: yottosafa | November 12, 2009 at 09:50 PM

遅レスですm(--)m
原付で走り出すのもいいですね。九州に行く時は四国経由もいいですよ。国道2号線は原付だとバイパスだらけでしんどいですし。
また旅の話しましょう!

Posted by: 上泉 | November 22, 2009 at 07:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42029/46732457

Listed below are links to weblogs that reference 懐かしや、チンコロ姐ちゃん【富永一朗 海のまんが館】:

« いまどきのバッグパッカー宿in大阪 | Main | レッツゴー低山【北摂・舎羅林山】 »