« ある意味、隠れ湯? | Main | 良いデジカメ? »

November 14, 2008

おとこのラーメン

いつか食べたいと思っていたラーメン屋に行ってきた。とにかくでかいのである。まんがに出てくるごはんみたいにラーメンが盛り上がっているのだ。

その店は「神戸ちぇりー亭」と言って、三田市の神鉄横山駅のほんの近くにある。営業は木金土の20時から24時迄。

20時半ごろ着いたら、20人ほどの待ちが。大学生くらいの若者ばかりなのが気になるが待つ。駐車場は8台ほどで、良いタイミングで一台空いたのでサンバートラックを滑り込ませた。

店内をじろじろ見てみると、筋トレ用具、学ランなどがディスプレイされており、ビデオで大昔の青春ドラマのようなものが流れていた。とにかく汗くさい系男のイメージなのだ。

ふと気になったのだが、この記事の件名は「おとこもり」であって、「おとこざかり」ではないので、注意して欲しいと思った。いや、何を注意したらいいんだか。日本語は難しい。

さて、21時を目前に店員さんが注文を前もって伺いに来た。わたしは並と温泉卵。家人は「全男盛り」を注文。この店のシステムは基本のラーメンがあり、そこに麺や具の量を選ぶようになっている。麺、野菜、肉それぞれに、大盛り、男盛りの設定ができる。「全男盛り」は麺も野菜も肉も男盛りにしてもらうことである。ちなみに麺は普通でも200グラム。男盛りは、推して知るべし。

10分ほどして店内へ。良いタイミングでラーメンが運ばれて来た。

R0012687a

どどーんと全男盛り、見参!である。しつこいが「おとこざかり」ではない。「もり」である。軽く2キロはありそうだ。

家人は普通に食べ進んだ。ごく普通に。途中で「麺がうどんのようやな。」とつぶやくも、苦しそうでもつらそうでもなく、ただ、大汗をかきながら普通に完食していた。そのスピードは私が並と温泉卵を食べるのと同じであった。

底につぶしニンニクが2つ転がっていた。終盤で下から麺を返すとまた味が変わる。そこに温泉卵を満を持してスライド・イン!味が変わっていくので、すごい量でも食べられるようになっている。恐るべし、神戸ちぇりー亭。


大きな地図で見る
神戸ちぇりー亭
兵庫県三田市南が丘2丁目8

おまけ
R0012688
これが並盛り。これでもじゅーぶん多い。590円。
「全男盛り」は590+150(麺男盛り)+300(野菜男盛り)+300(肉男盛り)=1340円也。

|

« ある意味、隠れ湯? | Main | 良いデジカメ? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

おぉ、本家に行かれましたか。
大阪でも最近、安治川口に「麺屋団長」というお店が出来て、「男盛り」で話題になっています。

Posted by: 麦藁帽子 | November 17, 2008 12:20 AM

おお、安治川口ですか!一度行ってみたいものです。
でも、男盛りは自信ないです。。。

Posted by: 上泉 | November 17, 2008 12:54 AM

京都堀川のラーメン日本一で食べたど根性ラーメンも大概でしたがこれも大概ですねぇ

Posted by: ardbeg32 | November 22, 2008 06:14 PM

ラーメン日本一ですか。調べてみたらこれも相当でかそうですね。
京都はバイクやクルマが停めにくいので、あまり行ったことがないのですが、チャンスがあったら挑戦してみます。

Posted by: 上泉 | November 24, 2008 05:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おとこのラーメン:

« ある意味、隠れ湯? | Main | 良いデジカメ? »