« October 2008 | Main | December 2008 »

November 24, 2008

大阪てくてく紀行

先日、平日の大阪の街をうろうろする機会があった。

まあ、会社の健康診断で指定された医療機関が大阪のビジネス街のどまん中で、兵庫県の片田舎から2時間かけて出てきたついで、というのがほんとのところなのだが。

大阪駅はすでにクリスマス商戦が始まっていた。阪急百貨店はリサとガスパールのディスプレイがかわいかったので写真を。でも回りの人々は通勤モードなのでみんな黙々と歩いていた。

00002

御堂筋線に乗るのが想定された行き方なのだが、わたしは地の利があるので歩きで向かう。御堂筋を南下して中之島へ。京阪中之島線の大江橋駅があった。

00003

中之島に電車が通っているというのはなにげにすごいことだ。この地域は福島駅、大阪駅、北浜駅あたりから歩きで来るか、自転車で中之島の遊歩道を走るしかなかった。が、この電車ができたせいなのか、遊歩道は自転車通行禁止になっていた。いやはや。一番効率がいいのは自転車なのだが。

ほどなくして病院へ着いた。午前中に健康診断は終わってしまい、次は昼食をどこかで食べるために歩きだした。

いい陽気だ。青い空、暑くも寒くもなく、御堂筋のイチョウはきらきらと黄色く輝いていた。

00006

東急ハンズ、パタゴニアの店などをぷらぷらしていたら、あっというまに法善寺横町まで歩いてきてしまった。平日の街は空いていて歩くのがたのしい。結局昼食はいつも来る店で。

00003_2

五苑難波店。ここの定食がお気に入りなのだ。

00002_2

ホルモン定食580円と生中190円を注文。店員さんは無煙ロースターに火を着けてくれた。ほどなくしてビールが到着。うぐうぐと飲むと体中の毛細血管が「喜!喜!」と一斉に吸収する。昨晩は飲酒をせず、朝は絶食。ビールが旨い。そしてナイスタイミングで定食が登場。

00001a

じわじわと肉を焼きながら小説を読む。いい時間だ。おひとりさま上等。キムチをつまみながら肉が焼けるのを待つ。たれにコチュジャンとおろしニンニクを入れることも忘れない。

絶食したあとに食べる焼肉は期待以上においしかった。赤センあたり追加しようかと思ったけど、まだ昼の2時前。しかもここから家まで2時間以上かかるので止めておいた。

極上の休日。大阪はよそから来るといい街なのだ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 17, 2008

良いデジカメ?

会社の仲良し10人組?でバーベキュウ大会があった。で、みんな携帯電話とデジカメの2台持ちでびっくりした。

EXILIMケータイとかかなりカメラっぽいのでほーっという感じだ。で、みんな写す写す、撮る撮る。もう始まって1時間もしないうちに電池がなくなったりしていて、正直びっくり。家でフル充電にしてきたんだろーか、とか、予備の電池を持ってこないんだろーか、とか、そもそも何でそんなに電池が減るねんな、という疑問の数々。

皆さんは、動画や連写で撮影をよくするらしかった。あとまあ、ズームがあるので、そっちでも電池を使うようだった。

んで、電池がなくなった一人にカメラを貸して欲しいと言われたから、まあ(その場だけやし)いいよ、って答えたら、それ以降、マイGR Digitalは帰ってこず。しかも、「ズームはどうやるんすか?」って聞かれて、(光学ズームはないし、デジタルズームはすぐに使える設定にしてないからめんどくさくて)「まあ、ないよ。」と答えると、「え?ありえねー」みたいな顔をされてしまった。最近のカメラしか触ったことなかったら、「ズームがない。」のは「吉野屋に牛丼がない。」くらい「ありえねー」ことなのかもしれない。

しかしまあ、案の定、いらいたおされた(いじくり倒された)ようで、露出補正が+1.0くらいになってて、撮影した人物スナップ写真は9割方「カオナシ」みたいになっていた。

きっと月曜日、会社でこの写真を見せたら、また「ありえねー」とか思われるんだろうなぁ。GR Digitalの実力はこんなとこじゃわかんないだけどなーとちょっと歯がゆい思いだ。

R0012787
↑こういうのは得意なんやけどなあ

ちなみに皆さんが持ってきたデジカメは半分がCanonのIXYシリーズ。私は使ったことないんだが、「(みんなにとっては)良いデジカメ」なんだろう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 14, 2008

おとこのラーメン

いつか食べたいと思っていたラーメン屋に行ってきた。とにかくでかいのである。まんがに出てくるごはんみたいにラーメンが盛り上がっているのだ。

その店は「神戸ちぇりー亭」と言って、三田市の神鉄横山駅のほんの近くにある。営業は木金土の20時から24時迄。

20時半ごろ着いたら、20人ほどの待ちが。大学生くらいの若者ばかりなのが気になるが待つ。駐車場は8台ほどで、良いタイミングで一台空いたのでサンバートラックを滑り込ませた。

店内をじろじろ見てみると、筋トレ用具、学ランなどがディスプレイされており、ビデオで大昔の青春ドラマのようなものが流れていた。とにかく汗くさい系男のイメージなのだ。

ふと気になったのだが、この記事の件名は「おとこもり」であって、「おとこざかり」ではないので、注意して欲しいと思った。いや、何を注意したらいいんだか。日本語は難しい。

さて、21時を目前に店員さんが注文を前もって伺いに来た。わたしは並と温泉卵。家人は「全男盛り」を注文。この店のシステムは基本のラーメンがあり、そこに麺や具の量を選ぶようになっている。麺、野菜、肉それぞれに、大盛り、男盛りの設定ができる。「全男盛り」は麺も野菜も肉も男盛りにしてもらうことである。ちなみに麺は普通でも200グラム。男盛りは、推して知るべし。

10分ほどして店内へ。良いタイミングでラーメンが運ばれて来た。

R0012687a

どどーんと全男盛り、見参!である。しつこいが「おとこざかり」ではない。「もり」である。軽く2キロはありそうだ。

家人は普通に食べ進んだ。ごく普通に。途中で「麺がうどんのようやな。」とつぶやくも、苦しそうでもつらそうでもなく、ただ、大汗をかきながら普通に完食していた。そのスピードは私が並と温泉卵を食べるのと同じであった。

底につぶしニンニクが2つ転がっていた。終盤で下から麺を返すとまた味が変わる。そこに温泉卵を満を持してスライド・イン!味が変わっていくので、すごい量でも食べられるようになっている。恐るべし、神戸ちぇりー亭。


大きな地図で見る
神戸ちぇりー亭
兵庫県三田市南が丘2丁目8

おまけ
R0012688
これが並盛り。これでもじゅーぶん多い。590円。
「全男盛り」は590+150(麺男盛り)+300(野菜男盛り)+300(肉男盛り)=1340円也。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »