« March 2008 | Main | August 2008 »

April 17, 2008

バイクにナビを付けよう その2

バイクにマウントする場合、いろいろ考えた。タンクバッグに入れる、タンクキャップにマウントする、ハンドルにマウントするなどなど。

これらのうち、タンクバッグは×であった。フリーウインドは樹脂タンクなので、タンクバッグを選ぶ(というか持っていない)。タンクキャップはイマイチだと思ったポジション的に見にくいかな、という感じなのだ。

ということで、基本的なハンドルマウントでいくことにする。

で、次はマウンターをどうするか。百均とかで試行錯誤しようかとも思ったが、三万円が吹っ飛んでいくときっと立ち直れないだろうから、ちゃんとしたものを買うことにそこで選んだのがRAMマウント。これの横型というのが、PSPで使えそうだった。


Ramマウント 横型Uボルトセット
¥8.032.-

バッテリー駆動でロングツーリングはまかなえないので、シガーソケットアダプタと、防水のシガーソケットも購入。もう後戻りはできないのだ。

PSP カーシガー充電アダプタ ¥1,890.-

ニューイング/防水電源アダプター DCステーション 506A[NSMS-001] ¥1,880.-

今回の合計 ¥11,802.-
-----------------------------

それらを装着してみたのがこちら。

Dscn2575

左ミラーの横にマウント、ハンドルのブレースに電源アダプタを装着。で、実際にPSPを付けたらこんな感じに。

Dscn2562

引いて見るとこんな感じ。

20080413201

ツーリングで使ってみたら、意外なことに音量を最大にしておけば、案内は多少は聞こえる。特に信号待ちの時は、停車しているわけで、普通に聞こえた。Bluetoothの送信機を買おうか悩んでいたが大丈夫そうだ。

課題は防水対策かな?とりあえずはジップロックをかぶせて回避。本降りになってきたら取り外してしまう方向で(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バイクにナビを付けよう その1

ツーリングバイクに必要なものと言えば、自由の空気と荷物を積むスペース。そして、ナビなんである。絶対必要なわけじゃないけど、デジタル好きバイク乗りが一度は通る道だと勝手に思っているがどうだろう。

さて、ここで私が選んだのは、PSP。もちろん、バイク専用のものが良いのは分かっているが、高いし、遊びがあんまりないのがいまいち。Pocket WindowsCE機も良さそうだけど、私はマックユーザーなので、できれば非ウインドウズで行きたい。(だからしょーもない苦労をするんだが。GPSロガーとか。)

PSP本体 ¥19,800.-
GPSレシーバー(PSP-290) ¥6,000.-
ナビソフト「Maplus2」」¥8,190.-
--------------------------------------------------
合計 ¥30,990.-

実際はジョーシンのポイントを使ったのでもうちょっと安いが、けっこうかかってしまった…。ヤフオクで中古のmioとか買っておけばよかったかもと一瞬日和るが、「人生は停まらない列車やー!」とサイバラししょーよろしく気合いを入れる。

20080417203

ちょっと起動してみたら、さくっと使えそうだった。

次はバイクへマウントを試行錯誤。その2へ続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2008

0円ツーリング

2週間前に下ろしたバイク、スズキXF650フリーウインドでツーリング行って来ました。

目的地は京都の美山方面でのんびり。ザックにイワタニのジュニアバーナー、スノーピークのコッヘル、おにぎり2個、チキンラーメン、モンベルのコーヒードリッパーにスノーピークのお箸を入れていざ出発。

ちなみに、今日のカメラはOlympus Trip35(銀塩コンパクトカメラ)とNikon Coolpix3200、それにケータイNokia N73の3台。実際そんなにいるかっ?と思うけど、それぞれいいところがあるので全部持って行きます。(結局N73は使わなかった。景色が大きいと使わないみたいだ。)

国道173号線を北上して、372号線経由で県道へ。ここからは県道のみで美山までたどり着けます。途中、すれ違うバイクは数台。走っている車は地元の軽トラ。びゅわーんと通り過ぎるのが惜しいほどの田舎の景色。

途中ピンクの花が咲く神社で休憩。

XF650 under the cherry blossom

参道は砂利道でしたが、無事駐車場にたどり着きました。

XF650 at a rural shrine

手水で清めて、お参りを済ませると、地元の方に話しかけられました。「大きいのに乗ってるねえ〜、すごいねぇ〜。」と褒められます。人間の大きさに対してバイクがでかすぎるのです。帰りは花の咲く参道をゆっくり押して出ます。

Pink and Blue

初のツーリングがこんなぽかぽか陽気でわくわくします。ここからはびゅーんと美山まで。道の駅「美山ふれあい広場」で昼食です。

駐車場はたくさんのバイクが。フリーウインドはレア車というか、不人気車なので珍獣的注目を浴びます。ということで、トイレを通り過ぎ、一番隅っこへ駐輪。河原へ近い方へ行ってランチです。

Miyama

晴れてて気持ちいいです。さっそくバーナーを組み立て、ラーメンの準備。

Touring lunch 1

お手軽にチキンラーメンです。コッヘルが小さいので半分に割って半分だけ作りました。煮える間は家から持ってきたオニギリを食べます。おかずは景色ですな。

Touring lunch 2

ラーメンを食べたらコーヒーブレイク。ぽかぽかして、文庫本を読んでいると寝てしまいそうです。

Touring coffee break

このモンベルのコーヒードリッパーは初めて使いましたが、お湯が落ちるのが早すぎる気がします。2人前用に一人分しか入れてないからかもしれませんが。でも、食後向けのライトで薫り高いコーヒーが入りました。

コーヒーを飲みもって、本を読んでいると、ツーリング中とおぼしきライダーさんに話しかけられました。「そうやって、小さなコンロを持ち歩くといいですねー。」言われました。そうなんです。この美山地方に限ったことではないのですが、「ふらっと地元のものを普通の値段で」食べるのは結構難しいんです。山菜定食1500円とか、蕎麦懐石2500円とかそういうのはあっても、味はたいしたことありません。(あと量も。おやつに牛丼が入るレベルです)で、結局コンビニの駐輪場でへたりこんでオニギリとか食べるパターンにはまります。

ということで、最近は行きたいお店をピンポイントで決めて行くか、家から弁当を持って行くかどっちかが多いです。

帰りは周山街道を通って、亀岡あたりから能勢経由で帰りました。渋滞知らず、お金使わずのほんの5時間ほどのツーリングでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | August 2008 »