« August 2004 | Main | October 2004 »

September 30, 2004

「ビル上神社に島神社」雑記

「ビル上神社に島神社」 2004/09/30

見たまんま、です。ビル上神社も島神社も、結構いっぱいあります。ビル上物件に関しては個人所有のビルの上にあったりして、なかなか取材をオッケーしてもらえなかったので、今日みたいに大きなビルの上のものについて書きました。

大人になるとなかなか神社って行かないけど、行ってみるとなかなか独特の空気が流れていました。木陰で涼しいし、さすがに落書きなんかもなく、周りと別世界だなと感じることしばし。今回のビル上物件なんか、真下はスキー用品店とパチンコ屋なのに、と思うと不思議な気持ちになりました。

さて、今回でデイリーポータルZに書かせてもらうのは最後になりました。これからはこのブログで週一で「勝手コネタ」として書いていきたいと思います。大阪の話、食べ物の話、そんな感じでやっていきたいと思います。観光ガイドやテレビ番組では到底やらないような小さなトピックを取り上げてゆくので、お暇な時にでも見に来てください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アホがつくるウナギパイ

アクセス解析を付けてから、どんな単語を検索してこのサイトにたどり着いてくれたのか、知ることができるようになった。今日の気になる検索語は「ウナギパイ」。全部カタカナでグーグル検索すると、一番に私の記事が出てくる。(ちなみに「うなぎパイ」だと商標登録されており、敢えて全部カタカナにしたのだ。)

検索結果をさくっとスクロールさせると、「ウナギパイにうなぎが入ってないのはおかしい。」と書いている人がいたので、「おお、同士よ。」とココロ熱くそのサイトにアクセスしてみた。するとその方の8月12日の日記に、こんな記述が見つかった。↓

aho.jpg

わははは(^o^)
アホです。確かに。アホ=笑いを取れた、という解釈にどうしてもなってしまうんで、素直に嬉しいっす。(体の芯から関西人なんで)これからも「アホぢから」全開でネタ書いてゆこうと思いを新たにしました。これからも「こいつアホやな〜、こんなこと真剣にやっとるわ。(うぷぷ)」とつぶやいてもらえるように頑張りますですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2004

「養老の滝は居酒屋だけじゃない」雑記

「養老の滝は居酒屋だけじゃない」 2004/09/17

この日は台風が接近していたのですが、まぁ大丈夫やろといつもののんきな調子で出かけました。が、しかし、文中にもあるように大雨…。正直カメラが水で壊れたらどーしよう?とそれが心配でした。水中ハウジング(水の中で撮影できるケース)も持ってるのに持ってこなかったし。

特筆すべきはJR大垣駅の駅ビルにあったパン屋さんがおいしかったこと。電車内の高校生がみんなその店の青い袋をもっていたので買ってみたのですが、小麦粉の味がしっかりしたパンでした。今度この駅で乗り換えるときはまた買いに行くでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログにアクセス解析ツール

なんの目的もなくブラウジングをしていたら、ココログにアクセス解析ツールを組み込む方法を発見。早速やってみることに。たまに見かける手裏剣がぐるぐる回っている「忍者TOOLS」というのを利用するようです。

結果、とても簡単に組み込めて感動。(忍者TOOLSのサイトで一部、safariのバグがあって文字が読めないところがありましたが。その時は別のブラウザでやってみたので没問題。)ココログユーザーの方でアクセス解析ツールにご興味のあるかたはお試しあれ。

今回参考にした記事:
SO505i Stand-by Disp: アクセス解析設置の流れ(忍者TOOLS)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なみだの取材拒否

最後のコネタに向けて気合い入れて取材に行くつもりで、取材のお願いの電話をしました。

結果、1件目は忙しいのでだめ、とのこと。ここはむっちゃおもろいことをしている店なので、すごく取材したかったのですが、だめならしょうがない。次行くぞ。

っと意気込んで、今度は別の店へ直接行ってみました。ここは店頭のコピー(宣伝)が個性的で手書きの大阪チックな店で、前から気になってました。電話しようと思ったのですが、店名を失念。自転車で30分くらいなのでさくっと行ったのです。

店に着いて、「はい何しましょ?」と愛想のよい店の人。私は取材したい旨を告げると、「そんなん私の一存では決められやしません。」とのこと。…。連敗でした。

結局、いつもの地味コネタを密かに取材しました。場数足らんなぁ、自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2004

「揚げ物バカ一代」雑記

「揚げ物バカ一代」 2004/09/23

前々からやりたかったことをやってみました。奇しくも次でとりあえず最終回です。まだ取材に行ってないので次のねたはどうしようかと思案中です。

3ヶ月かぁ。長かったようで短かったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2004

「ツリーハウスみたいな駅?」雑記

「ツリーハウスみたいな駅?」 2004/09/16

この記事がきっかけで駅ネタが面白くていろいろ探すようになりました。大阪に住んでるけど、京阪電車ってほとんど乗ったことがなかったです。門真の自動車試験場の最寄り駅、古川橋に行くときくらいで。

びっくりしたのはすごく近いということ。バイクで寝屋川までって小一時間かかるけど、電車なら各駅停車でも20分かからないし。空いてるし、窓からの景色も高いビルが少ないし、ちょっとした小旅行の気分を味わいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「富士山に抱かれた銭湯」雑記

「富士山に抱かれた銭湯」 2004/09/09

ここはたまたま自転車で走っていたらありました。実はここの写真はけっこう撮るのが大変。というのは路上駐車がひどいんで、トップの写真を撮るために、いつもカメラを持って外出。工事用のトラックがいつも停まってるんだよなー。

中はもっと見所が多くて、是非写真を撮りたかったけど、文中に書いてあるようにNG。銭湯好きのひとはきっと好きだと思います。ちょっと残念だったのが、お湯がぬるかったこと。やっぱお客さんが少ないのであんまり沸かしてないんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「まんぼうと呼ばれるトンネル」雑記

「まんぼうと呼ばれるトンネル」 2004/09/02

むちゃくちゃコネタ路線がここから始まりました。(^_^;)もうコネタすぎて地元の人も知らない方面に突っ走ります。

この「まんぼう」ですが、谷崎潤一郎の「細雪」でその名前が登場したらしいです。読んでみようと古本屋に行ったら分冊でボリューム満点だったので、手を出せずじまい。長文を読む体力、激しく減衰中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ほっこり、お寺のフリマ」雑記

「ほっこり、お寺のフリマ」 2004/08/26

今思うと、この「ほっこり」ってなんかわざとらしいかもしれない。ほっこり、とか、はんなり、とか元々は普通のことばなんだろうけど、女性誌とか、女性向けのフリーペーパーで連発されててちょっと違和感が。

このタイトル決めはぱっと思いつくときはいいけど、思いつかないときは難儀する。タイトルが長いときは往々にして考えすぎの末路です。

さておき、このお大師さんは「正しいフリマ」だと思いました。南港あたりの業者の在庫処分に中学生とかファミリーが群がって値切り合戦の阿鼻叫喚とかは一切なく、地元のおばさんや、お墓参りの人が淡々と買い物してたんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「大阪・高松・神戸 うどん三都物語」 雑記

「大阪・高松・神戸 うどん三都物語」 2004/08/20

今思い出しても楽しい旅でした。青春18きっぷ、一年中あればいいのにって思います。行く方面だけ決めて、その場でココロがおもむくままに乗り換えをして。こういうのが一番向いてるのかも。

初めて18切符を使ったのは高校生の時だと思う。そのころから特急には乗らなくなってしまった。あ、去年シュプール号は乗ったか。高校当時は大阪発新宮(和歌山)行きの夜行列車があって、それがお気に入り。太地町のくじら博物館に行ったり、串本でレンタサイクルを借りて潮岬へ行ったり。

今はもうこの新宮夜行もないけれど、それも時代の流れなのかなとたまに思う。今、例えば名古屋とか岐阜の大阪よりの方に行くとき、私ならJRの新快速と普通列車の乗り継ぎ、もしくは近鉄特急で行くけれど、一般的には新幹線で行くらしいし。なんかへェって思った。楽しいのかな、大阪名古屋を新幹線って。

#あ、全然うらばなしではないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「川をくぐって隣の町へ」雑記

「川をくぐって隣の町へ」 2004/08/19

「安治川とんねる」です。初めて通ったのは多分配達屋に勤めていた時だと思う。今思うとあの配達の仕事は結構今の仕事のネタに貢献してるんやなぁ。当時はあんまり考えてなかったけど。

でも、歴史的背景はちょっと薄暗いですね。調べるうちに暗澹とした気持ちになったのは大阪砲兵工廠があっけなく取り壊されてしまったらしいこと。立地からして全部残すのは難しいと思うけど、一部を資料館として残すとかもっと方法があったんちゃうのと感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「神社オンザロード」雑記

「神社オンザロード」  2004/08/12

ここは配達の仕事をしていた10年くらい前から気になってました。取材してから、どういう成り立ちか知りたかったので、中央図書館へ行って調べたけれどほとんど分からず。こういうコネタな歴史的建造物はあんまり記録に残ってないみたいです。もったいないことですわ。

余談ですが、西区の「大阪市交通局」もあれよあれよという間に取り壊されつつあるようです。今どきの建造物にない重厚感、空気のヒンヤリ感。もったいないことですわ。(下記リンクをご参照)

大阪近代建築BLOG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »